serehfood セレーフード

2013年08月28日

7号食再び・デトックス&身体に鞭を打つ!の巻


日曜日からオットがアラブの国に出張のため(暑い国に行ったとたん、関西は急激に10℃以上の気温下落ですっかりいい気候に♪かわいそうなオット・・・)、食事の支度をしなくていいことを良い理由にして

自分のデトックスを決行することにしました。きましたよ、「7号食」です。

仕事が忙しくなってきて、すごく調子のよかった体調やバランスが少しずつ崩れて

食べ方もおおらかすぎる傾向のあるここ数年^^;。ちょっと鞭を打って治してみようという試みです。


昨日から始めて今日は2日目。

日曜の夜に準備として久しぶりに長岡式酵素玄米を仕込んで、小豆を入れた陽性の炊き方をした玄米を炊きました。

月曜日、お昼用に、というか日中いつ食べてもいいように、玄米を大きなおにぎりにして

アルミホイルで包んで会社に。

どうもわたしは7号食を始めると、身体の疲れが一気にでてくるようで(過去3回も同じ状況)、昨日の1日目は空腹感はほとんど感じず、玄米もひさしぶりにきっちり陽性のものを頂きましたがおいしく感じ、でも疲れがどどどーーーーーーー!!!っと出てきたようで、

首・肩の筋が凝りまくり・・・・・

帰宅してからも食欲はそんなに無かったので、無理に玄米を食べることはせず、

シャワーを浴び、日曜日から始めた「顔筋マッサージ」をしてから

夜8時には寝てしまいました。


起きたのは今朝4時半ごろ。


そこからごろごろして、気がついたのは7時!

なんとほぼ11時間も寝ているではないですかーーーーーー!!!!


身体の調子はちょっとふらっとする感じ。


でもフワフワして逆に気持ちい感じ(笑)。


しかし、なんでこんなに疲れがどーっと出るのかな〜。



前に松本光司先生に聞いた時には、「知らないうちに疲れが溜まってるんですねぇ〜」


と言われましたが、やっぱり7号食のデトックスということで一気に出るのかな?


「食べてないから」とか「栄養足りない」とか

たった1日で出るものではないので。しかも、わたしの現在の体つきは「じゅーーーーーぶんにっ!」栄養が行き届いております(笑)^^;。

7号食を3日ほどやってみて、後は微食に切り替えられたらいいなぁと思っています。



2013年02月04日

肝臓のホットパックで腰痛予防

腰痛予防に肝臓が関係あるの?!

ホットパック?!?!

と思われますよね?


うちのオットは、生まれつき、家族のメンバーも肝臓&腸がちょっと弱い。

だいぶ気をつけておかないと、人と同じようにいろんなものを飲み食いすると、

すぐに肝臓が弱る。


肝臓が弱ると、解毒作業が滞って体がだるくなったり、やる気が起こらなかったり。

解毒作業が怠る、ということは血液がきれいなものがサラサラと回りにくくなる。

すると当然腸にも負担が来て、働きが弱くなる。胃腸ももちろん。

うちのオットには腰痛が出た。


我が家のカリスマドクター、姫路・野里にある「安田接骨院」のゴッドハンド、安田先生とおくさまに

それぞれ別領域で見ていただく。

安田先生は骨、筋肉、だけではなく、体にあらわれる症状の原因をさまざまなところから見つける勉強を

常につねにされてきているので、びっくりするようなことをよく教えていただく。

「あー、この腰痛は腸が理由かなあ・・・」


「ええええええ?!腸ですか?!」


「だって腰痛になるような運動とかなにかぶつける、とかした?」


「いえいえ」


「足とかいろんな筋肉のつながりで、力が抜けるところをみていくと、どうやらこれは胃腸が弱ってるなぁ」


さすが安田先生!!!すごいっ!!!


胃腸の弱り、と聞いて、それは肝臓だ!とわたしはピーンときました。

食事内容が最近特にすごく悪いわけではないし、食べ方だってそんなに変わらない。

でも下半身に、特に皮膚が乾燥してきたり、胃腸が理由の腰痛となれば・・・・・


これは肝臓です。


というわけで、肝臓にはしっかり働いていただけるような環境をつくってあげなくては!

右わき腹あたりから背中にかけて、ホットパックをすることに。時間もすこし長めに使える湯たんぽを使うことに。

湯たんぽを持たせてお布団の中でゆっくりと・・・・。

湯たんぽはしっとりとした湿気もすこし感じられるので、より良いです。

するとオットは、だるくなってきたようで、スヤスヤと10時間ほども!寝てしましました^^¥。


翌日も湯たんぽを持たせるとすぐに、ウトウト・・・・・

肝臓を元気にしてあげるには、とにかく「寝ること」。



温めて、ちょっと弱った肝臓にやわらかい・温かな刺激を与えて、しっかり寝る。


これを2−3日やって、4−5日休憩。

こんな感じで、「腎を温める」という春にぴったりのお手当をしていこうと思います。


あ!

血流を良く、ということで、玄米と小豆(血流を良くします)でおかゆも作ろう。

おうちのお医者さんも兼ねている主婦は、がんばりどころです!^^¥


みなさまも、胃腸や臓器、温めていい春を迎えましょうーーーー♪♪♪



2012年05月15日

金柑の甘煮で体調管理

IMG_6508.jpg

のどがおかしいな、と思った時にちょうど金柑が手に入ったので作ってみました。

きんかんはとーっても種が多い!

包丁を何か所も入れて、竹串で種を掘り出してみると1つのきんかんの実から

10個ぐらいでてくるんですよーーー!@@@

それをこーんなたくさんの実にやっていった気分は・・・・

山椒の実の佃煮を作る時に行う枝取りと同じぐらいしんどかった。。。。

でもやっぱりそれをしないと、食べるたびに種を出さないといけないし。

「おもたせ」としてプレゼントもしたかったので頑張るしかない!^^;

てんさい糖と安全・安心につくられたマルシマの三温糖を半分づつの割合で煮詰めていきました。

師匠にプレゼントしたら、「おいしいっ!どうやって甘みをつけたの??」

と聞かれたのです〜。うふふ、嬉しいな♪♪

お友達にも少しづつ一緒に頂く機会があったのですが、皆さん今の若い人たちは

きんかんを食べたことがない!という人が結構いたのでびっくり@@

日本の農産物にはいいものがたくさんあるんですものね。

もっと日頃からいろいろと馴染んで使っていきたいです。



2012年01月05日

お正月明けの体に喝!を。2012年・7号食はじめます

みなさま、

あけましておめでとうございます!

2012年が始りましたね。今年も天真爛漫に元気でやっていきたいと思います。

ですがお正月早々、わたしの食欲?というか我欲??はまるで「糸の切れたタコ」のよう・・・

とめどなく、母の作ったおいしいおせち料理などを食べまくり、

えらいことになってしまいました。

いえ、おせち料理だけではないのです。

いろんなお菓子やスイーツ、友人たちとのランチなどで私は「ここまで」という線を自らほうり出し、

そして自ら脱線していったのであります。。。。。ああああああああああ。。。。。。

でもこれって、よくあることなんです(爆)。^^;

そうやって自分で反省しながら、またいろんな調整をとりながら、


マクロビオティックとは一生付き合っていきたい!と思っているので、何度も何度も頑張るのです。

そしてその実体験、そして人体実験の変化を学ぶのです。


しかし、それにしても、いやいやまてまて・・・・・・


おなかがあああああああああ(悲)!!!

でっぷりと・・・・(苦笑)。


怠けまくりの怠惰な食生活と自分の我欲に喝を入れるときが今年もまたやってきました。

はい7号食でございます。

こういう時に7号食は効くんでございます。

とにかく玄米、まずは玄米。

しっかり体に玄米を入れて、体の声に一心に耳を、目を傾けるっ!

これをまず徹底してみたいと思います。

ブログに書いたから、もう後戻りはできないぞっ!

去年の7号食の体験記はこちらから


2011年07月01日

マクロビオティック・究極の7号食を。-実録・3日完了しての感想-

7号食、3日間を終えました。

体重減、-1.5キロ。そんなに減らず、ですがとても気持ちがいいです。

お腹周りがとてもすっきりして、われながらとても満足!

玄米がとっても甘くて美味しくて、驚きの毎日でした。

2日目が一番邪心が出てきて、「もうあきらめよっかな・・・」となったので辛かった?ですが、

それ以外はこれまた驚きの何とも辛くなかったのでした!

今日は夜に会食があるので、どうしても続けられないのですが

それがなければ7日間ぐらい問題なくいけそうな感じがすごく心地よかった。

夏にするのが特にいいのかもしれません。

冬はどうしても寒くてお腹が減るのが早いし、ほっこりしたい。

本当は春から夏にかけてデトックスするのが一番いいと思うのですが、

ヨガの先生が、「湿気があるころが実は股関節なども開きやすく、いろんなデトックスもやりやすい」

とおっしゃっていたので、まぁ良かったとしよう!(←前向き♪^^)

3日間は早寝の毎日で、睡眠時間も長めでした。

特に排毒症状も起きず、頭痛もなにもなし。ただただお腹がいっぱいでない、という久しぶりの、

というか普段絶対にそんな状態で長くいることはなかったので、腹5-6部目というのが

こんなに体が楽になる、なんてやっぱり驚きでした。

食いしん坊にとっては腹5-6部目なんて一番辛いこと(←私だけ?^^;)。

いつもお腹いっぱいで、ひっくりかえって寝るのが幸せ〜☆と思っていましたが、

そんなの、大病のもと。もともと機能だけを考えると、そんなに食べなくても、というか

そんなに食べないほうが体の内臓さんたちには負担が軽くて調子が良くなるのですね。

わかっちゃいるけど、やめられない!

だからやっぱり体に「愛のムチ!」。効きました〜♪♪♪

週末また温泉にお出かけするので、食べすぎにならないように、

しっかりとコントロールしようと思います。

本当に案ずるより生むが安し!だった、7号食。

本物の梅干(はちみつや甘味料が一切はいっていない、昔ながらの塩だけで作られたもの)と

おいしい無農薬の玄米があれば、本当に美味しく乗り切れました。

これからもっと食べ物に感謝して、いちいち「しみじみと」食べるように出来たらな〜、

なんて思います^^。

実録日記でした!

マクロビオティック・究極の7号食を。-実録・3日目-

本日3日目。いささかしんどい・・・・。

昨日のお昼までは楽勝!だったのですが、昨日の夜ぐらいから、

「なんか食べたいな・・・・」

「ポテチいっとこかな・・・・」

と邪心が出てくる、出てくる。

ここ数日、7号食を始めてからは水分もお茶とお水、しかもほとんどのどが渇かないので(←よく噛んでいるのと塩分が少ないから)

トイレに行く回数が激減した。

おまけに出るものもあんまり出ない(笑)。

でも今朝やっと出してみたら、体がさらに軽くなりました^^;。

体重減-1.5キロ。運動をしているわけではないのでこの減りも通常食にもどせば少しずつ戻ってくるのだろうけれど、

できるだけキープできるようにしたい。

今日で3日目のお昼なのでちょっとフラフラしてきたかな〜?

せっかくここまで頑張ったので、今晩も玄米でいってみて、

明日のお昼から少しの野菜のおかずと玄米にしてみようかと思う。

心なしか、肌の調子がいい。

おなか周りのお肉はすぐに消えうせた←けっこうびっくり!@@

消えうせた、といってもモデルさんのようなおなかになっているのではないですよ(念のため)。

わたしにしては、かなり減っている状態でした。

いやぁ、いらないものってすぐにお腹について、お腹から取れるのだなー・・・。

筋トレするとお腹のお肉ってなかなか取れないのに、不思議。

7号食はいわゆる短期ダイエット的なものではなく、「たるんだ食生活と精神にカツをいれる鞭」として

わたしは時々やっています。

病気治しの方は7日間続けることがベースですが、わたしは2-3日で十分。

でも続けてやれば、もっと内側の自分にアクセスして瞑想とかしやすくなる感じがするけれど、

いかんせん、とーてーもー眠い。。。。。

昨日も寝つきは悪かったけれど、ずっと眠くて就寝10時。そして今日もまだ眠い。

どなたか7号食を実践された方で同じように眠気が恐ろしいぐらい出た、と聞いたことがあるが

本当にすごい。

体って頭で考えるよりも賢くてすばらしく偉い。

何もせずとも心臓は寝ている間も動いてくれるし、血はめぐってくれる。本当にありがたい。

そんな体は食べ物を吸収して素直にいろいろ反応してくれる。

その反応を見てどういう意味なのか、どういうことが起こっているのかを見るのがこれまた面白い。

体と食べ物に感謝して、7号食にも感謝してがんばろー

そうそう、マクロビオティックの創始者、桜澤先生は「料理は心構えから。そしてその前にもっと大事なことは掃除である」

と言われていました。

掃除が出来ない人は、何もかも秩序が保てない。

とても耳が痛く、恥ずかしい気持ちでいっぱいです・・・・。

ですので思いっきり床の拭き掃除を久しぶりにして、今の我が家は転びそうになるほど床つるつるになりました。

お掃除が出来て、やっとお料理をできる準備ができる。

お掃除も、お料理も、収納・整理整頓もすばらしく出来ている先輩カリスマ主婦フブロガーさんを

本当に尊敬します!!!

ぜんぜん完璧になんて出来ないけれど、自分に出来ることから頑張ろう♪♪

マクロビオティック・究極の7号食を。-実録・2日目-

本日2日目。滑り出し、快調。

昨日はひさしぶりの7号食にびびりまくっていましたが、1日目はとても心地が良かった。

最近の悩みといえば、

- 毎日何が食べたいか、わからない

- だから毎日の献立を考えるのがとても面倒

- でもとってもよく食べる。まるでストレスを解消するかのように

- 欲しくないものにまで手が出る。やっぱりストレス解消か

- もう食べることに関して作ること、冷蔵庫の中身、全てが面倒くさい

でした。

7号食になると、自分の食事は玄米のみ。玄米だけを炊いておけばいい。

オットの食事は別に作っておいたので、それは大丈夫。
(ちなみに昨日はマクロの野菜カレー、今日はアボガド・小松菜・バジルのジェノベーゼパスタ)

この、「献立を何も考えないでいい」ということが思いのほか、とーてーもー心地いい!!!

どれだけ自分が食べ物に執着していたのかがよく分かる。

食事の用意をしないと時間が有り余るほどできる。

昨日はオットが帰ってきてからカレーを用意して、においをかぐと食べたくなったので

すぐにベッドルームに退散(笑)。9時半就寝(←早すぎ^^;)。今朝は7時起き。10時間も寝たの?!

それでもまだ体は少し眠い感じ。でもやっぱり体は楽。

体重は1キロ減。早い(←そして増えるのも早いけど^^;)。

玄米だけを少しの梅干とごま塩で食べていると、玄米がこんなにおいしいんだ?!って気づいた。

いつもおいしいとは思っていたけれど、こんなにも甘いのか!って感じ。

やはりおかずのほうが味が濃いので、どうしてもおかずをたべるためのごはん、になっていたみたい。

そらそうだ、おいしいもの(笑)。はっはっはー。

でもそれがすこしずつ、「ちょっとぐらいいいよね?」が多くなってきて、やりすぎたようです(爆)。

本日2日目。快調もそのまま。

玄米も昨日よりも美味しく感じる。

おなかはずーっと腹5-6分目、といったところ。今日も早めに寝るとうまくいくかも?

マクロビオティック・究極の7号食を。-実録・1日目-

やってやる。

ぜったいにやってやるんだ、7号食!

7号食というのは、完全食というまたの名を持つ、マクロビオティック・食養のなかでは

もっとも厳格で体に厳しく・同時に優しい食事のことです。

簡単に言うと、

「1日玄米、お茶、少しの梅干やごま塩のみで過ごす」というもの。

究極のデトックス。

食べ過ぎて、どうしても忙しいとすぐ手に入るものを選ぶ傾向があって

「あ〜・・・・、いかんな〜」と思うこと、何週間か。

やっぱりおなか周りにお肉がついてきて、体も重くて気持ち悪い。

ゼリーが美味しい、ちりめん山椒と玄米がおいしい、冷たいそうめんが美味しい!

って何でも食べすぎの飲みすぎ。満腹通り越して120%、おなかいっぱいでひっくりかえって寝るのが

最近の毎日。

こんな怠惰でだめになった習慣を見直して、

「バシーッツ!!!!!」

と体にカツ!を入れることにしました。

多分2-3日で大分と味覚や他の感覚も鋭くなってきて、すっきりすると思います。

前回3日ほどやったときには「なんでもっと早くやらなかったの!」と思ったんですもの。

食に対する煩悩って本当にものすごいので、振り切るのが大変!

でもちゃんと仕切りなおしをする気力に満ちているときは、そのタイミングは絶対に逃してはいけない!!!

なので、やります^^。ブログで言っちゃえば途中で止められないし(笑)^^;。

体の余分なもの、すっきり出そうと思います。体重も3キロぐらい落としたほうがいいし。

大食は万病の元。 少食は薬いらずの健康体の元。

わかっちゃいるけどやめられない、そんな自分にカツを入れます!

2010年11月08日

美味しすぎる☆マクロビオティックの「おめでとう」♪

omedeto.jpg

週末に色々食べちゃって、ただいま体をリセット中です^^;。

そんなときには、美味しすぎて、しみじみ「美味しい〜・・・・、あー、おいしい〜」

と何度も食べながらつぶやく、というおかゆを。

「おめでとう」と呼ばれるマクロビオティックのおかゆ。

あずきで血液サラサラ、腎臓の調子も整えて・・・

炒った玄米でより良く玄米の固い表皮の下の栄養素を上手にしみ出すように・・・

「炒る」ことで、ものすごい香ばしくなるのがとても衝撃的!

お塩もしっかり入れて、圧力なべか土鍋でことこと7倍がゆにします。

美味しくて、美味しすぎる〜〜!!!とおかゆに対して初めてのこんな感覚(笑)。

余ったら、キャベツと玉ねぎ、少しの小麦粉を混ぜてお焼きにもできます。

体をリセットしながら、美味しく整える最高のおかゆだと思います〜☆^^




lemonpoppyseed-2.jpg

↑バリ島在住の鳥毛清喜さんのガラス皿は存在感大です^^!




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。

recipe_blog_1.gif
☆レシピブログに参戦しています^^


2010年02月04日

マクロビオティック des 「デトックス&美肌スープ」

IMG_2273_edited-1.jpg

20秒ですい臓に届くといわれている、胃、すい臓、脾臓に働く薬膳・デトックススープ。

陰性の取りすぎ(お菓子・ケーキ・スイーツなど)でゆるんだ体を引き締め、動物性脂肪の摂りすぎで付着した内臓の脂を溶かして排出させる働きがあります。
脾臓を養うことで血を強くし、免疫力を上げる効果もあります。
アレルギーや肌あれ、血液をサラサラにするのにもいいです。

我が家では定期的に「デトックス」しなきゃなー、という時に作っています。

胃・すい臓・脾臓が一番動く「午後3時〜6時」の間の空腹な時に温めて飲むともっとも効果的だそうで、食事の時に飲んでもOK。

(病気の治療の場合)
朝・夕の2回、毎日3週間続けて飲むといいそうです。
それ以降は週に3日、夕方。
マクロビ基本食と併用すると、その効果は大きくなります。

さまざまな食事による体のゆがみを治してくれる、魔法のようなスープです!

このスープは作る人の気持ちで「味」が大きく変わるそうで、優しい気持ちと穏やかな火加減で丁寧に作ることを心がけています。また、フードプロセッサーを使わずになるべく手で小さなみじん切りをするとおいしくなる、と本で読んだので実践しています。

野菜だけからくる甘みが、疲れた体と心をホッとリラックスさせるスープに仕上がります^^*。

<スープの作り方>
1.玉ねぎ1個・キャベツ・カボチャ・人参(玉ねぎを基準に同量になるように)を全てみじん切りにする
2.玉ねぎ・キャベツ・カボチャ・人参の順(順番が大切です!)に、層になるよう鍋の中に詰めて2〜3倍の水を、静かにそ〜っと注ぎます(順番がお水でぐじゃぐじゃにならないように)。
3.強火で沸かして沸騰したら、アクをひかずに弱火に落とし、あとはコトコト、じっくりと3−40分煮込みます。
4.最後に、野菜から煮汁だけを漉し取ります。

作ってからすぐに飲めますが、アツアツの状態よりも人肌ぐらいの温度になったほうがより甘みを感じます。

*すぐ飲まないときは冷ましてから要冷蔵です。
(塩や砂糖が入ってないので防腐剤なしという状態のため)
*温めにはお鍋とガス火を使うこと(電子レンジは使わないほうが良いです)。

残った野菜は味が出切ってしまっているので、私は無添加コンソメなどで味を戻してあげて、野菜のハンバーグやカレーなどに使うようにしています。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。