serehfood セレーフード

2011年03月04日

「しょうが」は本当は体を冷やす?!

dry ginger.jpg

またまた今日もお天気はいいのに、午後からしんしんと寒く。。。。

「雪」がちらついております、関西は西宮でございます^^;。

体を中から温めなくては!ということで、最近改めて食べ物で体を温めるように

実践しているところですが、最近ジンジャラーも多くなってきた「しょうが」に関して。

生で使うしょうがって実は体を冷やすってご存知でしたか?

「えー?!何ゆってるの〜?だってしょうがを入れたあんかけや飲み物は

飲んですぐにポカポカするじゃない〜!」

と思った方。そうなんですよ!その通りです。わたしもそう思いました!すぐに温まります。

でもね。。。。。実はすぐには温まっても、そのあとで体を芯から冷やす作用で効く時間の方が

本当は長いんですよ〜(うっそー!泣)。

飲むとすぐにポカポカ、というのは毛細血管にいーっぱい血流が良くなった血がめぐるからなんですが、

遠くまで血を急いで巡らせた後はその元にかえって来ると今度は体の深部が「冷える」んだそうです。

だから「温まる」も「冷える」も正解なのですが、

もっと大きなタイムスパンで考えると「冷える効果の方が長い」ということなんですね。

じゃぁなんで薬膳とかではしょうがを体を温めるものとして使うの〜?!

ということですが、これは食べた直後の効果をとらえて「温まる」と見るからなんだそう。

では生じゃなければ?!

しょうがをスライスして乾燥させてしまえば、成分が変わるし陰性→陽性に変化するので

(すっごく大きく変わる、というまでは行かないようですが)

乾燥ものだと体は温まる、と言えるようです。温めと冷えの時間のバランスが温めのほうに

少し傾く?ぐらいの感じだと思います。

これは私の実践結果ですが、確かに暑いバリ島なんかでもスパへ行くと必ず出される

ウェルカムドリンクは「ジンジャーティー」。そのほとんどはフレッシュのしょうがを

しぼったものに、ライムとハニーを合わせてお湯で溶いた美味しいものです。

飲んだ瞬間は暑いのですが、すぐに体の火照った熱が落ち着きます。これはホットでも

アイスでも同じ。先人の知恵というか、その土地に合ったしょうがの使い方を

しているわけですね〜。

漢方で使われるしょうがもほとんど乾燥ですもんね。

ということで、わたしもおうちでしょうがを「体を温めるため」に使う場合は

↑の写真のようにスライス乾燥させたものを使って「しょうが湯」なんかにしています。

でもやっぱり「この食材で!」という絆創膏的使い方、あるいはお手当のように使うよりも、

普段からのバランスの良い野菜や穀物の摂り方で体全体の体温や免疫力を底上げしていく、

というのが「自然に体がいい感じ〜」となるからいいなぁ、と思っています。

冬は陰性の菜っ葉よりも、少しだけ割合を根菜多めにする、というカンジでしょうか。

乾燥しょうがと併用して使っています。

あ!乾燥しょうがのいいところは、しょうがの「えぐみ」や「にがみ」が飛んでいること。

しょうが湯や、好みの飲み物にするときに独特の「おーっ!しょうが、強いね!」

というのが感じられず、まろやかで「まぁるい♪」のがこれまた気に入っています。

スライスしてざるに乗せておき、お部屋の中で乾燥させるように放っておけば

出来上がります^^;。あぁ、簡単。簡単って長続きするから大好きです(笑)。


posted by kirakira at 15:22| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

寒ブリでブリ大根!そしてオットは・・・^^;

buridaikon.jpg

オットは「はまち」や「ぶり」、「かんぱち」(←どれも同じ魚で成長度合いが違うだけですが^^;)が

大好き。

以前ほど沢山食べなくなりましたが、時々「ぶり大根して〜!」と言われて作りました。

手前の小松菜は我が家のベランダで育った、れっきとした無農薬野菜!^^

私はどちらかというと、「鯛」のほうが好き。鯛のあらをつかって「鯛かぶら」にしてみたり、

「鯛と大根」を煮たりします。

最近分かったオットにとても残念なお知らせ。

大好きなはまちを頂くと、必ずおなかを下すようになってしまったこと(笑)。

やっぱり負担が大きいのでしょうね。

我が家は食べたいものがあれば、よほどのことがない限り、

「よーし。食べて、その時(または後に)調整よ〜!」と食べることにして、

ストレスを貯めないようにしています。

ですが、オットは大好きなブリやはまちのお刺身を頂いても、ちょっとこういう煮物を食べても、新鮮さがどうの、ということではなく、

「体が反応」するに至ったようです。

とりあえず、今はやめておいたら〜?というサインなんだと思います。

好きなものを沢山食べる!というスタンスはもうだめよ、というお知らせなんだという理解をすることにして

それでもやっぱり食べたくなったら「テストしてみる?^^」という気分で。

人から「これはダメ」と言われると気分が悪いし、自分は食べたいんだ!と思っちゃう。

でもこうして自分の体で反応が出て、またそうなるメカニズムも自分で理解すると、

「やっぱり・・・・?(汗)」と感じます^^。

なかなか面白いもんです。

でもブリ大根はおいしゅう頂きました♪


lemonpoppyseed-2.jpg

↑バリ島在住の鳥毛清喜さんのガラス皿は存在感大です^^!




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。

recipe_blog_1.gif
☆レシピブログに参加しています^^
posted by kirakira at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

私なりの「身土不二」と「一物全体」

マクロビオティックって料理法だと思われている方がすごく多いと思うんですが、

これはたまたま料理法の部分がメディアや雑誌に取り上げられることが多いからだと思うのです。

そういうわたしも、「クロワッサン」などの雑誌で見始めたのがきっかけだったかな?

マクロビオティックは料理法だけではなく、実は精神論とか哲学的なところがメインで

精神面から入った方が料理法でも「なぜそうするのか」ということを理解しやすいと思います。

大きな基本の柱としては、「身土不二」と「一物全体」が挙げられるのですが、
私なりの考え方と実践の仕方はこんな感じで・・・。

*****************

「身土不二」:自分の生まれ育った土地に育つ食物を食べること
       
      ⇒たとえば北海道にいる人は北海道で育ったものを食べる方がその気候に合わせて体を温めたりするものをその季節に合わせて食べる。沖縄の食べ物(気候に合わせて体を冷やすものなど)を取り寄せて常食すると、体のバランスをとるのに好ましくない。

ということは、海外のものを日本に取り寄せて常食する、というのも考えものですね。
しかし今や食文化はグローバル化していて、「身土不二」⇒「お取り寄せ主義」になりつつあります。わたしもこれは良いわ!と思ってウキウキして色んなものを国外問わずにお取り寄せしていましたが、その基準は「おいしいか、おいしくないか」だけで、

「体にあっているか」なんて考えたことが無かったのです。

ですが体調がなんとなく・・・という時期もあったりしたことから、
「そうしていると体のバランスがとりにくくなります」というマクロビオティックの原理を読んだときにピン!ときたのです。

ですから、今は何が何でも!というところまでは到底やっていないのですが
「出来るだけ、自分が住んでいる場所の近くで農薬を出来るだけ使っていないお野菜を選ぶ」

という基準で食べ物を選んでいます。
BIOマーケットでも買うことはありますが、それよりもご近所のとっても新鮮でみずみずしい八百屋ちゃんのお野菜をメインに我が家の食事は成り立っています。

無理にオーガニック食材を探しても、なかなか無い場合もありますし、無くて探すのにストレスを抱えるのも・・・?と思うので、出来る範囲で無理のないようにやっています。
たとえば、私は兵庫県に住んでいるので、「北海道産のじゃがいも」よりも「兵庫県のXXでとれたじゃがいも」を選ぶ、という感じ。

どんなにその野菜が遠い地域で上手に作られているとしても、一応基本は「自分の近くで採れたもの」を優先順位に。^^

*****************

「一物全体」:食べ物の皮など全てをひとつとしてとらえて食べること
       
      ⇒お米はその栄養が沢山つまっている皮つき(玄米)を、野菜は皮つきのままを調理して使います。皮の栄養、作用とその中身は一緒に食べることでその食物1つとしてバランスが取れたものを体の中に頂くことができます。

ですので皮だけでなく、野菜から出る「アク」も栄養のうちなので取り除くことなく頂きます。

野菜や果物などの「皮」には栄養がたーーーっくさんつまっている、というのは良く聞いていたのですが、なぜかテレビの料理番組や本を見て「皮をむく」と書いてある通りに今まで自分もやっていました。

農薬がたくさん残っているから、ということもあるのでしょう。

ですが、低農薬であったり無農薬・有機農法のものであれば問題なし。

それに、「農薬を使っている野菜でもその中身をたべるのだったら同じこと。皮だけ捨てても意味はない」と聞いたこともあったので、「あ、そうだよね〜」なんて思えました。

ということで、我が家では野菜の皮はほとんどむかずに調理します。

ごぼうは泥をきれいに洗ってアクが出る前に切ってすぐに調理、という風に。

どうしても皮をむいた状態で料理の見た目を考慮する場合は、その皮を集めておいて
きんぴらにしたり、野菜のスープにしたり、かき揚げにしたり・・・・。
何とでも出来るものです。

私の考え方でいけば、
‐ 皮をむかない、アクとりなし⇒楽ちん!
‐ ゴミが少なくて嬉しい!

というわけです^^。

前にテレビ番組で、「アンチエイジングに新情報!ごぼうの皮をお茶に煎じて飲むとものすごく老化防止に良い!」と言って、医師が実践し、ものすごく肌も体内の年齢も若くなり、体重もきれいに落ちてバランスが良くなった、と紹介されていました。

マクロビオティックをやっている人からすると、「当たり前じゃない〜」な情報^^。
だってごぼうのアクと皮を食べるなんて当然のことだし、そこに栄養が詰まっていることなんてアクロビアンはみんな知っている。

普通にマクロビオティックな食事を出来るだけやっていくことで、

‐アンチエイジング
‐ダイエット
‐病気予防
‐体調管理
‐精神面も穏やかに
‐お肌や髪もきれいに
‐体臭もなくなってくる


・・・・数えたらポジティブなところはきりがありません。

でも徹底的にマクロビオティックを実践しようとすると、今のグローバル化している日本と食の流通事情(スーパーなど)ではなかなか難しいことも。

なので、「出来るだけ」がわたしのキーです。一生続けて行きたいから^^。


マクロビオティックは食べられる「哲学」。

体に優しく一番バランスを取りやすいように食べられるものと簡単な方法で、自分の周りにも良く作用できるなんて「一石二鳥も三鳥も四鳥も落とせるもんだわーーーー!!!」

と思うのは私だけでしょうか??^^

毎食ごはんを作るたびに「おお、実践できてるね〜」と嬉しく思えることも

とても楽しいのであります。

ふふふ。



lemonpoppyseed-2.jpg

↑バリ島在住の鳥毛清喜さんのガラス皿は存在感大です^^!




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。

recipe_blog_1.gif
☆レシピブログに参戦しています^^


posted by kirakira at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

マクロ的☆人体実験!<白砂糖&アルコール>

今日は日記です^^。


ここ最近、とっても面白いことがあったので書き留めておきます。

マクロ的☆人体実験、とタイトルにありますが、

本当に恐ろしい人体実験となりました。。。。

今回の実験は「白砂糖」と「アルコール」の2つ。

1.白砂糖について


ずっと穏やかな食生活を続けている方が、ここ数週間の猛暑に耐えかねて、ずっと白砂糖は体に入れていなかったのにアイスクリームやかき氷、はては数種類のスイーツを毎日食べるようになってしまいました。

口当たりが良いのでスルスルと体に入って、日々重ねるごとに白砂糖特有の「中毒性」が出て、毎日食べないとイライラするように。

知り合いの方から色んなスイーツを頂いたりしたことも重なり、毎日マクロをやっている方からすれば、急激にものすごい量の白砂糖の投入量です!それでどうなったかというと・・・

−中毒⇒甘いものを食べずにはいられない

−話をしていると、支離滅裂!
ひとつの話が終わらない間に次々へ!こういうのは女性によくある話ですが、その度合いが半端ではありません。。。。「ちょっと様子がおかしい人」ぐらいひどくなっていました

−判断力が鈍り、自分に自信がなくなる。迷いが出てくる。


いやはや、目の当たりにその症状を見たのでいつものその方と比べると、天と地との差がありました。

わたしも時々どうしても外のものが食べたいときは白砂糖が入っているのを知りつつも食べていますが、急激に入るとこんなことになるのがよく分かりました!人体実験、お疲れ様・・・トホホ。

2.アルコールについて

私のオットですが、ここ何年も会社の飲み会があっても自分はお茶を飲み、ずーっとアルコールとは無縁でした。

ですが先週、仲の良い方たちとお食事&飲みに行く機会があってそこで「何年かぶりに」ビールをジョッキ2杯、ジントニックを1杯飲みました。

その夜は何も起こりませんでした。。。。

翌朝、自宅から車で1時間かかる整体へ行く際にものすごい渋滞に出会いました。

普段から温厚で、人からは「まるでテディベアーみたい!」と称されるオットが・・・・

キレました!


前の車に追突して文句を言いそうな勢いでずーーーっと運転しつつ、急ブレーキを踏もうものなら後ろのシートがまるごと倒れてくるぐらいの暴力的な運転&性格に!!!!

オットとのつきあいはもう15年ほどになりますが、この人がこんな感じになっているのはほとんど見たことがありません。。。(滝汗);;

そして整体の先生と体の調子をみてもらいながら、

「今日はちょっとどよんでいるね?おかしいなぁ・・・」

と聞いて、納得!

アルコールでした。。。。。怖い~~~!!!!

多分毎日少量を摂っている方だとそこまで顕著に症状が出ないと思うのですが、

オットはマクロな食事を続けていて、アルコールは2年以上体に入っていないので、

これまた急激に体内へ入り、肝臓がアルコールの処理をし切れなかったものかと思います。。。

恐ろしい。。。。

急激に食事や生活スタイルにないことをすると、こんな反動が出るんだ、といういい人体実験の例となりましたので、ここに記しておきます(笑)^^;。

目の当たりに見ると、気が引き締まりました。

もちろん私も完全に白砂糖を断つことは難しいし、そこは努めてそうしようとも思っていないのですが(今の状態で。体も病気な状態でもないので)、やっぱり外で買ってくるデザートなどの量は本当に考えないと・・・とヒシヒシと思いました。

時々気が緩んで、色んなものを食べたりするのですが、もちろん自己責任の範囲で人体実験感覚?で食べていました。

でもこうなるんだ!というのを見ると、

−無理に欲しくないアルコールをお付き合いで飲んだり・・・・

−これもおつきあいでスイーツを沢山頂いたり・・・・

というのは止めよう、と思いました。

少しずつ、体と相談しながら、やっぱり穏やかに元気な体をつくるべく美味しい食事をしていくのが大切だなぁ~。

もちろん、「楽しく!」です^^。

今日は早速デトックススープを作っています。

冷たく冷やしてオットと一緒に美味しく体をキレイにしたいとおもいますー!

皆さんも猛暑ですから、白砂糖とアルコール、お気をつけ下さいね~☆






にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。

recipe_blog_1.gif
☆レシピブログに参戦しています^^
posted by kirakira at 12:28| Comment(1) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

白砂糖を控える理由

いつも疲れてしまうと、コンビニによったりデパートの地下でスイーツを買ってきて食べていた私。

疲れていると「お砂糖を体が欲してるわー」なんて思いつつ、よく食べていました。
砂糖をとると元気になりますよね?でもその元気になるスピード、すごく早いですよね?

これには理由がありました。
「砂糖は素早く体内に吸収されるから」です。

ビタミンやミネラルを除去され、真っ白に精製され、化学薬品やいろんなものを添付された純度が高い白砂糖=グラニュー糖は、とても化学的な物質です。精製された白砂糖は二つの糖の集まり、二糖類です。そのため素早く血液の中に入り、血糖値を急激に上げます。それで一時的に気分がよくなったと感じたり、元気になったように思うのです。


素早く体内に吸収された砂糖は、やはりまた早いスピードで消費されます。そうなると・・・
一度素早く揚がった気分も急激に落ちていきます。それを繰り返し毎日行っていると、体もそして内面の精神までもが疲れやすくなってしまって、感情の起伏が激しくなります。
集中力がなくなったり、体がだるくなったり・・・で、大抵は原因が砂糖だとは分かりません。

でも、砂糖は血液の中でカルシウムを奪ってしまう性質があるので、毎日たくさん白砂糖をとっていると当然体内のカルシウムがある場所=骨や歯からカルシウムを奪うので、もろくなっていきます。

ビタミンも同様に消費されるので、主にお砂糖の取り過ぎの方は、
過労、震え、めまい、貧血、うつ症状、短気、記憶障害などの問題がでてきます。

わたしにびったり!だったのが砂糖取り過ぎの体型といわれる「陰性の体型」:
‐細胞が縮んで水太りになりやすい、ぽっちゃり型
‐下半身に肉がついて、顔色は白目
‐早起きが苦手で、冷え性
‐足がむくみがち
‐性格は急に怒ったと思ったら泣き出したり、気分の変化が激しく、落ち込みやすい

がーん!その通り・・・でした><。

ですのでそれを知ってからは、白砂糖に変わる体に優しい甘味料を使ったスイーツを自分で作ったり、調味料(市販のだし、みりん、シロップ)に気をつけて自然の甘みが入ったもののみを使うようになりました。

それにしても、んまー、なんと白砂糖を使った商品が多いことか!
というか、それしか市販では売っていないのが現状です。
ケチャップも、マヨネーズも、なんでもかんでも白砂糖が入っている・・・。


*砂糖の中には、さとうきびを原料とするものと、砂糖大根(てんさい)を原料とするものの
2種類があります。
白砂糖、三温糖、きび砂糖、黒砂糖など、砂糖といわれているもののほとんどは、さとうきびを原料にしています。

■さとうきび原料― 「分子構造的には単糖類で、消化吸収が早い分、消耗も早いので
          血糖値の上下が激しく、すぐまた糖分をとりたくなり、
          その繰り返しで精神的にキレやすくなったり低血糖症がおこりやすい。」
          「熱帯の植物であるさとうきびは体を冷やす作用がある」

■砂糖大根原料―  「多糖類なのでゆっくりと消化される分、血糖値の上下が緩慢で、
          かつ吸収に時間がかかるので少しの糖分で長い時間もつ」
          「寒冷地でとれるてんさいは体を温める作用がある」
          「てんさい糖」に多く含まれるオリゴ糖はおなかのビフィズス菌を
          元気付け増やしてくれる強い味方であり、「てんさい糖」が
          おなかに優しい砂糖と言われるゆえんです


我が家では米飴、玄米飴、水あめ、てんさい糖、メープルシロップ、ドライフルーツ、100%のりんごジュース、甘酒など、ビタミンB群や食物繊維を含んだ体に優しい甘みを使っています。

自分で作るスイーツの腕がまだまだ、なので、欲しいときにはささっ!と作れるように頑張りたいと思います。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。
posted by kirakira at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする