serehfood セレーフード

2017年01月11日

<バリ島旅行記―2016>Amadea Resort HotelとUltimo

1.PNG

スミニャックで到着初日(夕方〜)と翌日(その翌朝は早朝4時出発)はリーズナブルでスミニャックの中ではアクセスがいいところでどこがいいかな〜と探して、こちらのアマデアリゾートにしました。

バリ島をご存知の方はスミニャックのレストランストリートであるJl Oberoiに面したところで、
ちょうど真ん中あたりにあって、大人気レストランのUltimoにも歩いて3分ぐらいでいける場所にあるので「よさそう!」と思って予約しました。

2.PNG

予約したお部屋は「ほとんど寝るだけだから」と思って、一番下のカテゴリだったのですが、
なんだか到着したときからものすごくレセプションの方々の対応がよく、

「申し訳ありませんが、ご予約いただいたお部屋がフルブックとなってしまい、騒々しいことも考えてジュニアスイートにお部屋をアップグレードさせていただきたいのですが宜しいでしょうか?」

と言われ、「わー!ありがとうございます!!!」と満面の即答でした。

2日目のお部屋をクリーニングしてもらったあとにはこんなかわいいことまで;

3.PNG

タオルが白鳥になっていて・・・・

4.PNG

こんなにハートウォーミングな素晴らしいお気遣いまで♪

実はこちらのホテル、一番下のカテゴリのお部屋代をBooking.comで予約して払った金額は9000円ぐらいなので、なんだか申し訳ないわぁ〜とか思ったりして^^;。

泊まった翌朝、これまた早朝に近くのPrana Spaのモーニングヨガのクラスを受けるために必要なルピアのキャッシュが足りなくてどうしよう、何か方法がないですか?と聞いてみるも、ものすごくいろいろ調べてくれて、「このホテル、ものすごおおおくスタッフの教育が素晴らしいんですけれど〜!!!」と感激しておりました。

キャッシュが足りなかったのは久々のバリでわたしがボケていて準備不足だったのです。
で、結局解決して夕方にホテルに帰ってきたときには「どうでしたかー?!大丈夫でした?!」
とか心配してくれて。

・・・・種明かしすると、このホテル、実は以前にカユマニスグループのGMをしていたワルタさんが今こちらのGMをされていたのでした!そりゃぁ抜群にスタッフ教育が素晴らしいはずでした〜。

ワルタさんとはカユマニスジンバラン、ガンサ、そして東京でもお会いしていてよくお話させていただいていたんですが、「そういえばワルタさん、このあたりのホテルのGMになってたよな〜」とうろ覚えで。
しかもそれ、4年ぐらい前の情報だったので今もいらっしゃるとは思わず。

2日目の夜にふとロビーでバッタリ再開して、うちのオットと三人して「わー!!!わぁーーー!!!」
と再会を大喜びでした^^。

実は彼もわたしの名前を見て、「え?まさか??だってこんなクラスのホテルに泊まらないし??」と思われていたそうなのですが、いやいや、カユマニスレベルのホテルばっかりお泊りしてませんから〜^^;。

ともかく、ワルタさんがGMということがわかってさらに安心できました。
ということで、バリ島でスミニャックで泊まるところでアクセスが良いホテルを探されている方はこちらのホテル、お勧めいたしますよ〜。

ゲストはほとんどオージーでした。アジア人は少なかったですね。時期にもよるかと思いますが。
この価格帯のホテルで「あら〜、残念」というポイントは全くなく、しかも「ものすごくしっかりしてくれているね。安心!嬉しい!」というのが期待以上のレベルでとっても助かったのでした。

そして、やっぱりディナーにはUltimoにも行きましたよ。^^

5.PNG

10月末のバリ島は思ったよりも涼しかったのですが、やはり夕方は蒸しっとしたりして。
フローズンマルガリータ(しかも1杯が大量!)を頂きました〜。久々のアルコールに、めちゃ酔いましたけど^^;。500円ぐらい。ウルティモ、雰囲気がいいのにこんなに安くてうれしすぎます!

でもこちらでサーモンとかは頼まないほうがいいですね。
やっぱり輸入物なのか、あまりお料理に慣れていないみたいで&2000円ぐらいするのにお味はあれれ?でした。バリ近海でとれるお魚(バターフィッシュとか?)がやっぱり得意なのかな〜とここにメモ的に記しておきます。

このレストランは出来たらTシャツではなくちょっとオシャレしていきたいところですね。
まわりの外人は「え?」という格好をしている人もいますが、ドレスを着ている人もいますし。
オンシーズンは特にちょっとだけドレスアップしたほうがいいかな、と思います^^。

やっぱりスミニャックではウルティモは一度は外せないのでした〜♪

バリ島旅行記、つづきます。^^

posted by kirakira at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445815170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック