serehfood セレーフード

2015年10月05日

生姜湿布ってすごい!!!

sat morning.JPG


秋をしっかり感じられる毎日になってきましたね〜。


わたしはやっとウールのセーターを週末から着るようになりました。


先週末はユニクロxルメールの商品をオットと共に買いに走りましたが、天気のよい週末で最高に気持ち良い

陽気で最高の秋日和!!!


わたしはニット2点とパンツ1本、オットはサイズが小さくてどれも却下。。。。(残念)

買いもの終わりには屋上のガーデンスペースで、買ってきたサンドイッチとコーヒーでブランチをしました。


そうそう、本題は生姜湿布。

マクロビオティック、食養のお手当では有名ですね。痛みや毒素を取る大変有効な手当て法です。

でもわたしは自分にしたことはなかったのです。

最近少し冷えてきたし、体温アップをもっとやっていきたいし、何か新しく始めたくて。

その時に「あ!生姜湿布ってやってみようか!」と昔あった情報を脳みそから引っ張ってきました^^;。

やり方はこちらのサイトにとても詳しく載っていますのでご参考にされてください。

(とても親切で心のこもった治療をしてくださる医院のサイト。読んでいるだけで心が温まります)


基本的に、しょうがの特性を使って、体の毒素を温めながら引っ張り出して、同時にクレンズもしてくれる、というものです。

やり方も簡単。ですが気をつけないといけないのは、いろんな本や他のサイトでは「保温のためにビニールシートをかけて」とあるところ。上記のご紹介したサイトでは、「毒素を体内から引っ張り出すときにでる排ガスのようなものを一緒に体外へ出すため、ビニールなどでは覆いません」というところが「なるほど!!!」ポイントでした。

わたしはその通り、20−30分ほどやってみて、皮膚が赤くなるまで試してみました。

そうすると・・・・・



とにかくトイレにはしる、走る!!!


他の臓器と一緒に暖まり、血流が思い切りよくなったことによって、腎臓・肝臓の動きがよくなり、


おしっこがじゃんじゃか出ました〜〜〜♪♪♪ それも2−3時間のうちに4回も!!!


それも、「びっくりするぐらい♪の量」です^^;。



カイロで温めたぐらいではトイレに走ることはない、といつものことを考えると、


やっぱり「生姜」はものすごい力をもっている!と再認識せずにはいられない効能でした。


もちろんお薬と違って「お手当」なので、すぐに体温が上がったり、一度だけで何かが大きく変わると思っていませんが、


目に見えて、こういう風に「おー!いまいろいろ動いてるんだね!!!」ということがわかると、


とっても励みになります!


あらゆる痛みに生姜湿布、そして体を温めたいときは生姜湿布!


行うのも簡単なのですぐに出来ちゃいます。ぜひ、冷え取りを希望する方々にやっていただきたいです。

あ。

「寒くなったら生姜でしょ!」はその通りなのですが、体内に入れる場合の飲み物や食べ物で摂るときは

できるだけ「乾燥生姜」を使ってくださいね。

詳しくはこちらに書いてありますので、良かったら♪



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。