serehfood セレーフード

2014年07月18日

松本光司先生と食養・マクロビオティックのこと。

sensei1.JPG
私の食養・マクロビオティックの師匠であり、桜澤流マクロビオティックを自然体で教えて下さった松本光司先生。

sensei5.JPG

sensei8.JPG
この手さばきが本当に素晴らしかったなぁ〜^^。


今年の1月末にお亡くなりになり、今までブログでも書くかどうか少し悩んでいました。。。

大好きな松本先生。

先生がこの世界を去られることも自然なことだし、「もっとこうすれば良かった」という後悔もないし、

でも先生と話したり、会ったりすることがもうできないのか、と思うととっても寂しかったんです。

松本先生は本当に「食養」というツールを使った哲学をお料理だけではなく人生全体で体現してくださって、

先生と一緒の場を共有するだけで何とも気持ちよく、「私も将来、こんな素敵な人になりたいな〜」

といつも思っていました。

実は今週、松本先生がひょっこり私の夢に出てきてくれました^^。

夢の中の状況は、先生のプライベートレッスンでわたしが久しぶりに先生の指導を受ける、というもの。

先生と交わす会話は「久しぶりだね〜。お。指先まであったかくなったね〜。」と言いながら

ニコニコして、わたしのお料理教室のお話を先生に話しながら蒸しもののお料理を習っていました。

まるでほんとに久しぶりにお会いできたようなお話の内容で、起きてからもしばらく不思議な感じでした。

河口湖の松本塾でお会いする時は、いつも大好きなタバコをくゆらせながらお料理前に一服されていたのですが

そのまま、夢の中のお料理教室の時もたばこを吸いながらニコニコされていました。

今週それからずっと先生のことを考えていたのですが、やはり先生に教えを受けた沢山の生徒の中の一人として、「レシピやお料理の腕前だけではない、食養の大切さ」や

「楽しく自由に生きていくためにこうしたらいいのでは?」というアイデアをお料理というツールを通して色んな人に伝えて行けたら、と

改めて深く考えました。

無理やり人に「体にいいから!」といって玄米食を薦めたり、看病に一生懸命になっても

その人の心に届かなければ何の意味もなく、ご本人が望まないと全く意味がなく楽ししくもないことも教わりました。

とても大切なことは、自分がまず楽しく、元気でいること。
自由でいること(←意味が沢山ありますね^^)。
いろんなことに振り回されず、自分が信じられる「芯」を持って生きていくこと。


先生に教えて頂いた全てを大切に、またぜひ夢の中でのお料理教室で追加で教わったり

近況報告をしながら、わたしなりの「マクロビオティック」や「食養」を愉しく進めていきたい、と

思いました。

松本先生とはつながっている!と感じたので、もう寂しくありません^^。

次回の先生との夢でのお料理教室ではどんな報告ができるか、楽しみです。



posted by kirakira at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。