serehfood セレーフード

2013年02月25日

鉄人・道場六三郎先生の精米機がやって来た!!!

takumi.JPG

少し前のことですが、精米機をほしい、ほしいとひとり言のように呟いていたら

オットが購入してくれました!(やった〜♪ありがとうね!!!)

道場六三郎先生が監修した、「匠味米」というシリーズの精米機です。

最近、というかここ数年?

圧力なべで炊いた玄米が食べづらくかんじてきて、玄米そのままをルクルーゼやSTAUB鍋で炊いていたのですが

自分たちの調子に合わせて好きに精米できたらいいなぁ、と思って購入しました。

別にそんなに高価なものではないのですが、買うのにすっごく迷ったのです。

だって、収納場所どうするの?とか、

精米して出てきた「糠」はどうするの?とか、

ひとつキッチンマシーンを増やす、ということはややこしいのです。

ですので、キッチンに置いてあるラックに収納場所を作って、よし!という状況にし、

「糠」はお風呂で体や顔を洗う時に使うとつるつるになる!と聞いたので、

お茶袋に入れた糠をセットしてバスタイムを楽しむことに。

これで購入する手はずが整いました(笑)。


いやいやーーー、本当にこれ素晴らしいキッチンツールです!

2分づき、から選べて白米まで精米できるのですが、

うちは2分、あるいは3分づきぐらい。炊き込ごはんなどで、おいしいお出汁をたっぷり吸わせたいときは

4分づき。

ショウガご飯とかも本当は白米じゃないとおいしくないのですが、4分つきならいけそうな感じ。

マクロを頭に置いていると、玄米至上主義!みたいになってしまいがちですが、

同じ玄米でも自分の体の調子によって、すこしづつ微調整して食べるといいと思います。

お米自体を精米度合いを変えて調整したり、

炊き方をお鍋や炊き方を変えて陰陽をふってみたり(陽:圧力なべで炊く。陰:炊飯ジャーで炊く、など)

じぶんの体の声に合わせて、頭にある知識に凝り固まらずに、おいしく食べるのがいいですね^^。


精米機が家にあると、炊く直前に毎回精米できるので、いつもフレッシュでおいしい。

これが一番の価値だと思います!

精米機が我が家にやってきてから、確実にパンやパスタ⇒お米を食べる回数が増えました。

最近は「おかずの素」をつくることも楽しんでやっているので、特にお米を食べることが楽しいのです。


そんな「おかずの素づくり」に関しては次回に・・・・♪♪

ほんと、精米機、ばんざーーーーーーい!!!♪♪♪




この記事へのコメント
キラキラさん☆

初コメです 笑
精米機まで購入する徹底ぶり、さすがです!ちなみに糠が余ったらひきうけますよー(^-^)/うちは糠漬け派なので。いつも楽しく読んで参考にさせてもらってます!
Posted by ねえさん at 2013年02月27日 17:42
ねえさん(笑)、

初コメントありがとうございますーーー!!!なんと!糠漬けておられるのですねー!ではでは、いくらでもお渡ししますね、嬉しいわ♪♪

本当にこの精米機は優れモノで、仕事は早いし、お掃除しやすいし、省スペースで、いいとこずくめです^^。またねえさんのブログもアップしてくださいませね。毎日チェックしていますよー^^!
Posted by kirakira at 2013年02月28日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。