serehfood セレーフード

2012年12月13日

気持ちよく&楽しく「暮らす」ために。




ためない&すっきり=自分の暮らしをしっかりオーガナイズできるようになること


今年ももうすぐおわり・・・、の時期に来てしまいました。
とっても早かった気がします。

最近また火がついて、家中のあらゆるところの「断捨離」だったり、「おそうじ」だったり、
を頑張っているところなのですが

わたしの昔からの大きなゴールとして、

しっかりと自分の暮らしをマネージする」ということがあります。

お掃除、お料理、整理整頓、家の管理がばっちりできる女性って本当に憧れます。
カリスマ主婦、という言葉がはやっていましたが、おうちのことをそんなに苦労せずに快適に過ごせるように
マネージされている方々は最高に素敵!!!だと思います。
そしてそんな素敵な方々はいつも家族のことを温かく考えて行動する、ということがあふれ出ているように感じます。


何事も毎日の生活と食事がしっかりしていないと、何をやるにもふらふらする。
母の教えもそうでした。

でも思い返してみれば、母が娘時代に通っていたような「花嫁修業」をさせてくれるお教室みたいなものは
今はなく、効率的なお掃除の仕方や家の中の様々なことをマネージする方法って
実はわからないものなのではないかしら?と思います。

もちろんどんな生活も「自分にとって快適」であることが最高のポイントなので
そこが満足行っていれば素晴らしい!と思うのですが、

わたしは満足できていないのです(笑)^^;。

ですので、自分でちょっとずつ、本を読んだりお友達に教えてもらったり、
いろんな情報を試したりすることで体験&実践⇒保持可能性を考えてそのベストな方法(自分にとって)を探しているところです。


バツ1 モノがしっかり整理整頓されていて、使いやすいこと
バツ1 「やらなくちゃ!1」と重い腰をあげなくても、毎日そこそこキレイにおうちが片付いていること
バツ1 「やらなくちゃ!2」と重い腰をあげなくても、毎日そこそこキレイにおうちが掃除されていること
バツ1 体調と季節を考えたお料理を、無駄なく上手につくること
バツ1 食事で家族の体調管理をすること



バツ1 モノがしっかり整理整頓されていて、使いやすいこと

これに関しては本当にわたしは苦手で苦手で、いつもどこかのモノを片づけては位置を変え、
その場所がわからなくなってしまって探したり・・・、なんてことを繰り返しながら
自分と家族にとってベストな収納場所を探し続けています。


バツ1 「やらなくちゃ!1」と重い腰をあげなくても、毎日そこそこキレイにおうちが片付いていること
片づけ、は決まった収納場所にモノを整理整頓できる状況にないために起こる悩みです。
私だけではなく、家族も同じく使いやすくないと意味が全くなくなるので、
整理整頓の次に気持のよい生活空間を保つために必要なステップです。


バツ1 「やらなくちゃ!2」と重い腰をあげなくても、毎日そこそこキレイにおうちが掃除されていること
最近は「汚れる前の軽い汚れ」を掃除していくことでキレイを保つ、という理論がわかったので
実践中です。まだまだ一段落していないので、全体のお掃除をまずしっかりできてから、軽い汚れ掃除を
「掃除をしている」という感覚なしにできるようになる習慣を身につけたいと思っています。
できればおそうじ上手大国ドイツにお掃除留学したい!です。


バツ1 体調と季節を考えたお料理を、無駄なく上手につくること
マクロビオティックをかなり頭に強く置いて今までお料理してきましたが、ここ最近は少し自分の中で迷いが出てきました。
基本に対しての概念や想いは変わらないのですが、もうすこし柔軟に、また「上手に」できることを目指しながら自分の中での快適なポイントを探してします。

家事全般の中でお料理に関しては、まだ他の家事よりも積極的にやっていますが、もっと上手になりたい。
いろんな今まで学んだことや五感、六感、季節感、ツール、創造力を総動員してお料理ができるように精進したいです。

バツ1 食事で家族の体調管理をすること
この1−2年はこのポイントが少し弱くなってきた感じがしています。
快適に、気持ちよく過ごせるように、食べ物の命を頂くのですからその力を最大限に活かして
体と心・魂の免疫力や楽しめる心を昇華させていきたいと思います。

全体を通して、「多くのモノを持つ」という生活はもうわたしには合わなくなってきた気がします。
自分が管理できる数で、食べ物でも使うものでも「出来るだけ上質なものを必要な分だけ」、で生活していきたい、と感じます。
値段の感覚ではなく、あくまでも自分にとってどうか、という観点で。


そして自分のところに来てくれたモノに関しては、愛情を注いで使っていきたい。
最近16年履いていた靴を処分したのですが、「愛着を持って使った」という証なんだなー、と
その時に強く感じたのです。
突飛なことでなくてもいいし、あまりに普通でおもしろくないことかもしれないけれど
何が自分たちにとって快適なのか、をしっかり考えてモノを購入することにしました。
そうすることで、「いつも自分が大好きで大切にしているモノばかりに囲まれて、快適に楽しく暮らす」、ということができるのだと思います。

家の中のことって本当に奥深い・・・・。
ライフスタイルや仕事のスタイル、考え方などすべてにおいて影響があることを考えると
本当にやる気を出して頑張る価値がとてもとてもある!と思います。
「家事なんて・・・」という言葉を男性が話しているところを聞くことがありますが、その方たちがおろそかにできる・思う、ということは
誰かがちゃんとそのおうちをマネージしてくれている、という事実があるからではないのかしら?

我が家のオットはほぼ毎回、お料理や何か家で家事をしているときに「いつもありがとう」と声をかけてくれます。
もちろん色んなことも手伝ってくれたりします。
感謝してくれている、という嬉しい思いを感じると、また自分からも「こちらこそ、ありがとう」と言葉が出ます。
感謝には感謝が必ず出るのですね^^。
そんな家族にはもっと快適に過ごしてもらいたい、と向上心がムクムクと湧いて、
家事マネージがまだまだ上手ではない私に、大きなゴールに向かってのミニゴールと栄養剤を与えてくれます。


2013年の抱負にしてはあまりにも大きなゴールで、わたしの一生のゴールですが
ひとつでもできていけるように、おうちのことからまず何事も頑張ろうと思います。



posted by kirakira at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | お掃除&断捨離、整理整頓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きらきらちゃん!!
ついに・・・・ついに・・・・東方神起と会ってきたよ!話してきたよ!!!
もうありえない美しさだった。2人とも。
スタイルもすごくって、神様が理想の形をつくったらこうなった、みたいだった。
ユノが好きで好きで、チャミがかわいくてかっこよくて、もう現実世界に戻れない私です〜
Posted by まりまり at 2012年12月15日 11:42
まりまりちゃん、コメントありがとうね!!!元気そうでよかったわ♪

コメントもらう前に、ちょうど東方神起のアップ見てたのよー!すごいね、すごいね!!!しかもチャミのくだり、めっちゃおもしろくて電車の中で読んでたんだけど、ニヤニヤしつつ思いっきり笑ってしまったわ^^。ラーメン屋、張り込みしなきゃ!(笑

でもほんとに二人の邪魔にならないように、というファンの意識は素晴らしいと思います。わたしも2人だけでなく、5人の時からおばちゃんモード突入だったので「ちゃんとごはん食べる時間あるのかな」とか、「スケジュール大丈夫?!倒れない?!」とか妙に親戚の甥っ子たちのように心配だった(爆。

JYJの3人の契約問題もケリがついたから、5人で何かやってほしいなーと願うkirakiraです。
Posted by kirakira at 2012年12月17日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。