serehfood セレーフード

2012年11月06日

ウェスティン淡路が好き。

今年はなんということか、ウェスティンホテル・淡路に5回も宿泊しています(12月も予定しているので年に6回!)。2か月に1回、というペースです。

これは私にとってとても珍しいことで、同じホテルに、しかも旅行でもなく我が家から近距離にある

ホテルでの宿泊でこれは本当に珍しいんです。

自分でもなぜかなー?と考えてみたら、これだけの好き好きポイントが上がってきました:

1.我が家から車で1時間ぐらいの距離でとても近いのに、とっても遠くに行った気がする場所だから
2.ホテルのまわりに海も山もあって自然が多い場所に囲まれていることwestin-2.JPG

westin-1.JPG

3.ホテルから歩いていける距離に植物園があったり、散策できるプロムナード(お花などを植栽しているホテル管理の山のお庭)があるsanpo.JPG

promnade.JPG

4.「あわじ花さじき」という、お花畑が一面に広がる、広範囲の山の中にあるお庭的なところに近いhanasajiki.JPG(花さじきHPより)
今の時期はコスモスなのですが、本当にこんな感じで一面コスモスやほかのお花でいっぱい!でした^^。
来月12月はストックがいっぱい、のようです。これまた楽しみ。

5.食事も淡路の地元素材の野菜をたくさん使ったお料理が頂ける(淡路の玉ねぎが大好きです)

6.お部屋のナチュラルな感じが好みroom-3.JPG(ツインのお部屋)

room.JPG(ダブルのお部屋)


7.ホテルが都会的ではなく、そしてまたリゾート感いっぱいでもなく、上手く山肌に立った立地を使って緑がいっぱいという印象を与える(さすが安藤忠雄さま建築!)

cafe.JPG


とりあえずこんなところでしょうか?

緑を見る機会が少ないと、「緑枯渇症」をわずらうわたしなのですが

そんなわたしが好き!と思えるのがやっぱり「自然&ゆったり感」、ということなのかな〜と思います。

別荘や山小屋を自分たちで所有して、山生活を楽しむのってすごく憧れなのですが、

そうすると管理が大変だし維持費もかかりますよね。

でもウェスティン淡路を別荘がわりに使う、という感覚で考えたら

なんという便利でお安い別荘なんだろう!!!と思いました^^。

ホテルなのでホテル管理のプロムナードなんかはちゃーんと季節のお花を植えてくださっているし、

お部屋もいつもきれいだし(← 当たり前ですが)

お食事も自分たちで用意しなくていいし & 後片付けしなくていいし(← 当たり前ですが)

スタッフの方が気持ちよくサービスしてくださるし。

私自身が都会的なホテルが苦手なのと、都会自体も苦手なので、

淡路島のほっこりした感覚とそこでお仕事をされている方々のペースが同じようにほっこり感じるから、

なのかもしれません。

わたしとオットはおつきあいから数えると、もう16年目になります。

立派な「初老の夫婦」的な感覚(笑)^^;。

そんなふたりで、午前中に我が家を出発し、淡路の景色が素晴らしいサービスエリアでランチしたりゆっくり。
awaji sa.JPG

awaji sa-2.JPG

そこからお花畑とこれまた海まで見える広大な自然の「あわじ花さじき」へドライブ。

到着すると、地元のお野菜を購入しながらお花畑で寝転んだりしてゆっくり。

それからホテルへチェックイン。ホテルのお部屋で少しゆっくりしたらホテルのレストランで夕食を。

お部屋に戻ってワインを飲みながら、日常の家の中の家事や仕事を一切忘れて

いろいろお話をします^^。パックのしあいっこしたり。

それで好きな時間に眠り、朝は少し早めに起きたらホテルのお庭やまわりを1時間ぐらいお散歩。

朝食を頂いて、またお部屋でゆっくり。

それからチェックアウトしたら、となりの素晴らしい植物園に行ってお花を愛でる。

そこから先はその時の気分で・・・・・。

というのが私たちの好きなコースです。

かなり初老入ってる感じでしょう?^^ ほほほ

そんなこんなで、大好きなウェスティンホテル・淡路。

また来月、ゆったり楽しみに行こうと思います。



posted by kirakira at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。