serehfood セレーフード

2012年10月16日

16年大切にしてきたシューズ

Tentazioneというイタリアの靴を1997年に購入してから、

あまりにも気に入って夏以外のシーズンはほぼ毎年履いていた。

アッパーの革は磨けば磨くほど美しく、なかなかどこの靴の木型に合いにくい私の足にぴったり馴染んでくれていた。

ソールも張り替えしたり、何度も何度もお修理をしながら

ずーっとお世話になっていた、わたしの大好きな靴。

気がつけば16年も履いていました。

そんなに高価な靴ではなかったのに、とにかくしっかりフィットすることと、

「歩きやすい!」のこの2点。



でもとうとう、ソールとアッパーのぎりぎりの境目のところの革が傷んできて、

履けなくなってきてしまった。。。。

あまりにもフィットするので手放しがたく、大事に大事に、だましだまし履いていたのですが

もう限界。

ありがとうね、Tentazioneちゃん。

またどこかのショップで会ったら必ずおうちに連れて帰るからね、という気持ちです。

どこかに置いていないか、ネットで検索しまくったのですが全然なくて。。。。

偶然どこかで会うのを楽しみにするしかないかなー。。。

お疲れ様でした、私の靴。

本当に大切にしていたら、あっという間の16年でした。



posted by kirakira at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。