serehfood セレーフード

2011年03月07日

マクロビオティック・ナッツブラウニー& エンジェルインビテーション

nuts-brownie1.jpg

いつものように、乳製品・白砂糖・卵などが入っていない

マクロビオティックなブラウニーです。

nuts-brownie3.jpg

*お皿とテーブルランナーはSEREHより。sereh-logo.jpg

今はスイーツ抜きを頑張っているので^^;

これは少し前に作ったものです(←言い訳じゃありませんよ〜)。

しかしスイーツ抜きをすると感覚が鋭くなって、調整豆乳の塩分やいろんなものを

感じるまでになりました@@。

面白いですね〜♪♪

春は「排出」の時期。

いろんなものが冬の間に溜まったものが一気に、または少しずつ

表面に現れてくるようです。

それを「排出」と受け止めて、「おおお〜、出てるね〜(笑)^^;。

いっぱい出てきれいになってね〜!!!」

と思うようにしています。

周りの人もお肌やいろんな形で体に出てくるようで、「いまはきれいになる時期よね!」

と励ましあっています^^。

どんどん不要なものは体から出して、すっきり軽くなりたいと思います〜☆

*******************************

今我が家にはエンジェルちゃんが来ています^^。

エンジェルインビテーションを幸運にも受け取ることが出来て、

5日間滞在してくれる間の今は2日目。

家じゅうがお花とエッセンシャルオイルを焚いているのでいい香りに包まれています。

<エンジェルインビテーションとは?>

ドイツのミディアム (霊媒師)であるイルマという女性から世界に向けて発信した「天使と5日間過ごしギフトを受け取り、そして次の3人に天使を送りだす。」というもの。

きっかけはイルマが2000年に映画『ペイ・フォワード』(受けた好意を別の人へ回す意味)を観た後に天使がやってきたことから始まったということです。

この映画では中学1年生の主人公であるトレバーが、学校で「もし、自分の手で世界を変えたいと思ったら、どうする?」という問いかけに提案したのが「ペイ・フォワード」という考え方。

それは他の人から自分が受けた善意や思いやりを、同じ相手に返すのではなく別の3人の相手に渡すということ。

この3つのギフトがどんどん広がっていくことでどうこの世界は変わっていくかというものでした。

イルマは彼女のところに訪れた天使からのギフトを皆と共有することが、地球の意識を高めることに繋がるに違いないということでこれをスタート。
天使は個人の成長と気付きを受け取る準備が出来ている人の願いを叶える為に送られてくるそうです。


<天使を迎えるために準備するもの>

1)白いキャンドル

2)白い花、または白い花をつける植物をキャンドルの隣に置く

3)叶えたい願いを3つ紙に書く(一つ目は世界のために、残り2つは自分の願いを)

4)(3)の紙に自分の次にエンジェルに訪れて欲しい3人の友人たちの名前と住所を紙に書く

5)その紙を封筒に入れて、その封筒の上に林檎を置く



天使は、直前の訪問者から午前3時半に送られてくるため夜中の3時半になる前に起きてキャンドルを焚いて準備をし 、3時半になったら窓を開け天使を呼び入れます。
また、5日後の同じ時間に、次の3名の名前と住所を読み上げて、天使を送り出し、別れを告げます 。

基本的に天使と過ごす5日間は、常にキャンドルを焚いておきます(もちろん、外出時や寝る時は危ないので消しておくこと)

天使は共に過ごす5日間でその人が必要とする諸々の課題や進化に手助けをしてくれているとのこと。
敏感な人は 天使が共にいることを確かに感じるといいます。

あなたの所へ5日間天使をお招きします。
その後3人の方へ同じように送り出してください。


とても素敵なご縁に恵まれました♪♪

このエンジェルちゃん達、私たちの願いや自分の成長・気づきのために

5日間(またはそれ以上)めまぐるしく動いてサポートやヘルプをしてくださるそうです。

そんな状況を想像するだけでも感謝で涙が出そうです。ありがとうございます〜!

またどんなことがあったか、後日レポートしますね。

エンジェルちゃんたちは我が家に来る前からとてもいろいろとサポート・ヘルプをしてくれて

考えられないわ〜!というぐらい、いろんなことがスムーズに起こっています。

これからまたどんなことが起こるのか、本当にワクワクします☆^^





posted by kirakira at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | マクロビ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。昨日は猫ちゃんのことで
暖かいコメント。ありがとうございます。
命の重みは計り知れないので厳しい意見もあるなか
いろいろと考えさせられました。

助けたい気持ちは間違っていない。。
そういって頂け、自信や勇気につながりました。。
ありがとう。
Posted by kiki-rin at 2011年03月10日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。