serehfood セレーフード

2011年02月25日

真剣に子宮の環境を考える。

soup-ingrediants.jpg

ここ1週間ぐらい、何だかとっても自分が暗くてクヨクヨしちゃって

急に泣きたくなるような日が続いていました。

「なんでだろう・・・?!」と自分でも不思議なぐらい。

そこでとりあえず、友人にわーっと話を聞いてもらって夜中に2時間ぐらい電話で話して一段落。とっても迷惑な話(笑)ですね^^;。

でも少しは落ち着いたものの、やっぱりクヨクヨが取れない。

おかしいなぁ。。。と思っていろいろ自分が今まで食べたものをふっと考えてみたら

マクロビオティックとは言え、自分で作ったスイーツを食べることが多かった!

「あっ!陰性過多?!」もしかして?!

そう思って、いろいろ調べてみて考えてみると、やっぱり陰性の排毒?というか、

排毒まではいかずとも、あまりにもいつもの自分から陰性に傾いているな〜と

感じたので、連日写真の通りの材料で「デトックススープ」を作って飲んでいます。

するとスーっと落ち着いて、いつも食後に何か甘いの少し欲しいな〜と

なっていたのが無くなりました。

プラス、少し陽性にふってみたらどうかな?と思って梅醤茶を飲んだら効果てきめん!

すっきりしました!!!

体って本当に正直。。。。

とても素直に反応してくれます。

自分に出来る範囲で体に優しい食事を心がけていても、「いつもこの通りにすれば大丈夫」

というものはなくって、体はいつも変化してるもの。

それに合わせて自分が気づいていろいろ試していかないといけないんだな〜と思いました。

私は以前・・・・








子宮内膜症がひどくなってチョコレート膿腫で手術したことがあります。

中学生のころから生理痛は本当にひどくて、どれぐらいひどいかというと、

市販の鎮痛剤はいくら飲んでも効かず、大学生の頃には産婦人科でもらわないといけない

とっても大きな座薬を1日3つぐらい使わないと普通の状態にはなれませんでした。

アメリカに留学しているときに、インターン先の方から「アスピリンではなく、

イブプロフェンが生理痛には効くわよ」と教えてもらってから、Advil(アドヴィル)という

お薬を4時間に1粒で効くようになりました。

それからはずーっとアドヴィルばっかり。日本よりもずっと含有量が多いのだと思います。

手術をする前に主治医の先生からは、「本当に今まで気を失ったりしなかった?よく

こんなになるまで生活できてたね〜」とびっくりされるほど。

手術してからはひどかった生理痛は明らかに軽くなったのですが、

もともとの子宮内膜症になる元を断たないことにはまた再発する可能性があります。

元はやっぱり、砂糖や動物性の食事。

私は鶏肉がとても好きで、「いつかは鳥に殺されるんじゃないだろうか・・・」

と思うほど毎日良く食べていました。その時は「お肉とちゃんとお野菜も食べれば大丈夫」と

考えて食べていたのですが、やっぱり影響はどこかにやってくるものですね。

動物性の食事でも、どれぐらい食べていたのか、どれぐらい許容範囲があるのか、

自分の運動量と考えてどうなのか、ということは個人差があるので一概には言えませんが

控えめに考えても、私は肉食大魔王に間違いありませんでした。

もちろん甘いものも結構食べていたので、白砂糖、たっぷり体に詰まっていますね(笑)^^;。

わたしはあえて厳格に穀物菜食、とはせずに(最初はしてたのですがどうしてもくじけてしまうので)

スパンを一生!と決めて自分で出来る範囲で菜食に出来るだけ近くなるように、

を心がけています。

でも、何か困った時にどうすればいいか、という情報を知っているのと知らないのとでは

やはり大違い。

甘いもの、すっぱり!とは行かないかもしれませんが、ちょっと真剣にスイーツ抜きを

してみようかと思います。果物も出来るだけ控えて。

体の反応を見ながら自分で確認しながら出来るので、とてもわかりやすくもあります。


どうしても!の時はデトックススープで野菜の甘みをじっくりスープで味わうと、

満足度が違います。

スープを飲むと、甘いものが欲しくなかったのでやっぱりすごい!野菜の甘み!!

感覚を鋭くして、日々変わる自分の体の中と外をしっかり観察して

やっていこうかと思います^^。


lemonpoppyseed-2.jpg
↑ガラス作家、鳥毛清喜さんの長皿は存在感大です^^!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。


posted by kirakira at 14:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変なご経験をされたんですね。
私もkirakiraさんと同じく、
完全ベジは無理です☆
だけど、マクロをやってると、
食べたものへの反応が早くなるし、
何がどう出るか、今、何に気をつければいいか
分ってきますよね(*^。^*)

甘いもの抜き、すごく大変だとは思いますが、
その分、体は軽くなると思います。
楽しみにしていますので、
ぜひぜひレポートしてくださいね〜♪
Posted by あおむし at 2011年02月25日 20:26
あおむしさん、
こんばんは^^。

私はきっちりするとストレスがどうしても溜まってしまうので、本当にマイペースで自分の好きなものをなるべくマクロで・・・というスタンスでしかできないのですが、本当に「食べた後の反応」に敏感になりますね。何度も何度もこんな経験をして身についていくのかな、と思っています^^;。

甘いもの抜き、ちゃんとできるか心配ですがちょっと頑張ってみますね〜。
レポートできるように頑張ります☆^^ありがとうございます!
Posted by kirakira at 2011年02月25日 23:11
kirakiraさん♪
初めまして!
ブログにコメント、ありがとうございました(^-^*)

大変な経験をされたのですね。
そして、マクロに対する考え方、私ととても近いので嬉しくなりました♪
私も、完全に穀物菜食、というのは無理で、
かなりゆるーくなのですが、基本路線は菜食に、という形で実行しています。
子供たちや夫はお肉も好きなので、完全にというわけにはいかないのです。

また遊びに来させて下さいね♪
とても美味しそうなスイーツの写真に、うっとりしています♪
これからも、仲良くして下さると、嬉しいです♪

フレンチトースト、kirakiraさんのお気に召すといいのですが・・・
Posted by めいふぁん at 2011年02月26日 09:51
Kirakiraさん、エンジェルちゃんのお話コメントありがとうございました!
私の友人は、NYのお友達から送られてきたそうです。
アメリカを横断して日本まで…すごいですね!!
楽しみですね〜♪ご報告お待ちしています☆

ところで、ちょうど私のお友達が1ヶ月間熱心に甘い野菜のスープを摂っていて、私も時間ができたら、砂糖大好きな彼と一緒に摂ろうと話していたところでした〜。
ブログにも書いたのですが、去年子宮筋腫の手術をしいまして、母に日本から大根干葉を持ってきてもらうところです。
このスープも試すのを楽しみにしています♪
それから私も最近陰性寄りなようで、はっとしました!
PMSでもないのに悲しくなったり頭痛がしたり…
気付かせていただいてありがとうございました。
Posted by Nobu at 2011年02月27日 16:42
めいふぁんさん、こんにちは~^^。
コメントありがとうございます♪

マクロビオティックって厳格にやるとそれはそれでストイックな感じがとてもすきなのですが、長く続けて楽しく行きたいな~と思っているので次第にマイペースになりました^^;。めいふぁんさんも感じが似ていらっしゃるのを聞いてとってもうれしいです♪♪

ぜひぜひ!これから仲良くしてくださいませ~。ウレシイです♪♪

フレンチトースト、少し体調に変化が見られたらすぐに作ってみますねー!
楽しみです。うふふ!
Posted by kirakira at 2011年02月28日 14:30
Nobuさん、こんにちはー!
こちらにコメント頂いてウレシイです♪ありがとうございます~^^。

そうなんですね!エンジェルちゃん、世界を廻ってる~~♪♪♪
そんな素敵な輪の中に入れるなんて、本当に嬉しくてワクワクしています☆
また何かあったらご報告させていただきますね^^。

お友達、このスープ1ヶ月続けていらっしゃるってすごいですね~。わたしは毎日はちょっと飽きてしまうので、「あ!」と思ったら作るようにする感じです。それでも毎食後自分のマクロスイーツを食べたいと思っていたのにそれを感じないなんて、野菜の糖分ってすごいんだー!と改めて思いました。自分のいるステージやstateによって随分感じ方が違うのが面白いですよね^^。

お母様の持ってきてくださる材料で作るスープ、楽しみですねー!また是非どんな感じになったのか教えてくださいね~。^^
Posted by kirakira at 2011年02月28日 14:35
kirakiraさん、はじめまして。

私もブログの方に、コメントをいただきまして、ありがとうございます!

kirakiraさんのブログ、とっても素敵です

是非、リンクさせていただければ、と思っていますがよろしいですか?

最近の事でいえば、私も、マクロ仕様とはいえ、スイーツの食べ過ぎで、
陰性よりになっているのかもしれないです。
気分が落ち込んでいることが多いので・・。

過去の事でいえば、私は右の卵巣のう腫で手術した経験があり、
鶏卵や魚卵、などが大好きだった私には、当然起こりうる病だったと思っています。

本当に、体は正直ですよね。
特に、玄米菜食、そして陰陽の考えを基本にもって食事をしていると、
食べたものがすぐに反応してくれることを実感できます。

実は、気分が沈んでいる傾向は、去年、仕事を辞めてから、ある意味ずーっと続いているような気がします。

玄米は毎日いただいているのですが、
なんだか、前向きにいろんなことに取り組もう!っていう元気の素みたいなものが
湧きあがってきません・・。

長年摂ってきた陰性ものの排毒なのかなあ・・と思ったりしていますが、
あまり、深刻に悩むことはしないよう中庸の食事をベースに、
その日その日の体調で食事を調節するようにしていますが、あまりぱっとしません。

春が近いこともあるのかなあ。

そにかくは、
これからもkirakiraさんのブログ、ちょくちょく立ち寄らせてもらいますね。
Posted by トロワ at 2011年03月02日 11:35
トロワさん、こんにちは〜!
コメントありがとうございます^^!
しかも嬉しいお褒めの言葉を頂きまして・・・きゃぁ〜(照)^^;。
どうぞどうぞ、ぜひわたしもリンクさせてくださいね。嬉しいです♪

トロワさんも同じような病気と体験をされていたのですね・・・・
何だかとってもとっても親近感!!ですっ。うぅ・・・嬉しい。。。
こういうことって、わたしは特にマクロのスクールなどに通っているわけではないので、同じようにお話出来る方が少なくて、お話を聞けてとてもうれしいです(泣)。

現代のグルメで動物性重視の食生活をし始めて、私たちの世代でやっと体に積もり積もったものがはっきりと出てくる頃ですものね。現代女性のほとんどが子宮に問題を抱えているのは食生活を考えると全く当然だと私は思っています。あぁ、もっと早くに知りたかった、食養・・・。
でも知った時が自分のベストタイミングですものね!

食が全ての問題を解決するわけではないですが、でも解決できる部分はものすごく大きいと思います。これは自分で調整できるものですものね。精神的なものや生きがい、張りを見つける、というのは人生のテーマでもありますからこれは私もトロワさん同様に頑張りたいなぁと思っているところなんですよ^^。

ですがやっぱり季節の変わり目は本当にしんどいですね。。。

あぁ、ちょっとここでは書ききれない?!のでそちらへまた行かせていただきますね〜!

Posted by kirakira at 2011年03月02日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。