serehfood セレーフード

2011年02月22日

マクロビオティックで☆コグマケーキ♪♪

koguma-cake1.jpg

さて!コグマケーキですよーー!!!^^

コグマケーキって何かしら?と言うと、韓国語で「さつまいものケーキ」なんです。

よく韓国、ソウルへいくと最近はスイーツ事情もどんどんと良くなってきて

美味しいらしく^^。その中でもコグマケーキは大人気♪♪

でも卵や牛乳、白砂糖は使いたくないので、いつものようにマクロビ仕様で作ってみました。

上に載っているボコボコ?(笑)^^;はまだ余っている「ベリーのクランブル」。

少し甘酸っぱいクランブルと、しっとりほっくりしたお芋のフィリングとでタルトにしてみたら

とっても良く合いました☆  レシピは「続きを読む」からどうぞ!





koguma-cake3.jpg

簡単レシピ:
☆クラスト(20センチ大)

全粒粉・・・・・・1/2 カップ
強力粉・・・・・・1/2 カップ
塩・・・・・・・・1/4 tsp
てんさい糖・・・・2 tbs
なたね油・・・・・2 tbs
豆乳・・・・・・・80 cc
バニラエクストラクト・・1 tsp
くず粉・・・・・・大さじ2(*豆乳でダマにならないように混ぜておく)

☆タルトフィリング
蒸したおいも・・200g(これはお好みで増やしても減らしても)
なたね油・・・・・・1 tbs
バニラエクストラクト・・1 tsp
地粉・・・・・・・30g
てんさい糖・・・・・tsp 1+1/2
塩・・・・・・・・・tsp 1/4
ベーキングパウダー・・tsp 1
くず粉・・・・・・・tbs 2
(*豆乳で溶いておく)
豆乳・・・・・・・・・50t

1.タルトクラストの材料を混ぜてしっとりとまとまってきたら、ビニール袋の中に入れて冷蔵庫で20-30分ほど休ませます。

2.フィリングの用意を。おいもを蒸しあげて材料を混ぜ合わせておく。

3.休ませた生地をビニール袋の中でタルト型の大きさになるように伸ばして、型に合わせてぴっちりと敷き詰める(上手にビニールを使うと手が汚れません^^)。
フォークで生地が焼き上がりの際に膨れてこないように穴を沢山あけておく。

4.2.を流しいれる。

5.私はこの時に余っていたクランブルを乗せましたが、お好みでアーモンドなど乗せても・・・。

6.180℃で20分ほど焼いて、竹串などで刺してみて何もついてこなければ、出来上がり!



オットも大のお気に入り!になったこのタルト。

コグマタルトはこれから我が家の定番になりそうです〜☆^^


lemonpoppyseed-2.jpg
↑ガラス作家、鳥毛清喜さんの長皿は存在感大です^^!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。


posted by kirakira at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!とても素敵なブログで感激しています☆写真もとても美しく撮れていて(羨ましいです〜)、そして語調からkirakiraさんの優しくて上品なところが伝わってきますよ。
コグマケーキというのは、初耳でした。韓国のスイーツ、作ったことないです。行ったことのない国の料理を作って、食卓から「旅」をするのが好きなので、このマクロビ版をぜひ挑戦してみたいです。
Posted by at 2011年03月01日 06:04
ももさん、こんにちは~!

そしてウレシイコメントをありがとうございます♪きゃー(笑)^^。

コグマケーキって小熊みたいで可愛いでしょう?でも韓国語でさつまいも、っていう意味なんですよね。最近はなかなかソウルのスイーツも急激に成長しているらしいのです。とっても人気ですよ!NYでは今は何が流行っているのでしょう?カップケーキはまだまだ廃れてないのかな~?^^

良かったらマクロビ版コグマケーキちゃん、試してみてくださいね!
Posted by kirakira at 2011年03月01日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。