serehfood セレーフード

2010年11月05日

マクロの大先生!松本光司先生のお料理教室へ

matsumoto-sensei.jpg
マクロビオティックの大先生!現在リマクッキングスクールの校長先生であられる、松本光司先生のお料理教室を関西でしていただけることになり、参加してきました!

松本先生がお料理の実践を、村上京子先生はマクロビオティックについての考え方を教えて下さいます。

わたしの師匠はマクロビオティックの創始者、桜澤如一先生の直弟子であられる先生方と面識が広く、今回の松本先生ともとても親しい間柄。

ですので普通にクッキングスクールに行くよりも、よりリラックスして先生に直接色んなことを質問したりお話したりできたのが何より嬉しかったのでした。

東京にお住まいの松本先生が関西で料理教室をすることは滅多になく、そして先生の御本「穀菜和食」も大好きでよくそこから色んなものをヒントを得て作っているわたしはかなりミーハー状態でわくわくしていました^^;。
matsumoto-sensei-2.jpg
お料理教室の内容は、「霜月のおもてなし」ということで、晴れの日に頂くお料理を習いました。

煮物:揚げ豆腐の野菜あんかけ

煮物:大豆たんぱくと野菜の煮物

和物:わかめと長芋 津軽和え

汁: お清汁

ご飯:おめでとう(粥)

香物

松本先生はとっても大らかで優し〜〜いお人柄。そして元気!
77歳になられる先生は動きもきびきび、お話の仕方は柔らかなのにとっても元気で凛としている!という印象でした。

わたしは、「わ〜!先生に本当に会えた〜♪」という喜びでいっぱいで、しかも先生本当にかわいらしくて「松本先生、むっちゃかわいい〜!おじいちゃんっていってハグしに行きたいっ!」って思うぐらい、それはそれはかわいい、やさしい、素敵な先生なのです。

matsumoto-sensei6.jpg
先生の料理教室では、今まで「なんだかイマイチこれが・・・」と思っていた自分の失敗ポイントをいくつも「こうしたらどうでしょう?」と教えていただき、すっごおおおおく為になりました。

とても細かいことだったり、味付けの際にぼやけた味を解消する方法だったり、

実際に先生の「手」と「動き」を見ることでレシピを本から実践する際の様子がはっきりと

これで分かりました。

「書いてあるけどうまくその通りにできない!」というポイント、結構レシピ本から生じることありませんか?

それがやっぱり著書の先生の動きをそのまま見ることで、やっと先生の知識と気持ちがこもったご本の全てを理解することが出来る!と思えたのです。

この↑の揚げ豆腐も沢山作りながらコツをしっかり伝授して頂いたり^^;。
カメラを持ちながらずーっと先生のそばを離れない私はある種ストーカーっぽかったかも?(笑)だって先生の動きを全て見逃すわけにはいかないのです〜っ♪♪

そして「先生、あの・・・こういうときはどうしたらいいですか?」や、

「先生、いつもわたしこうするとこうなっちゃうんです・・・」を聞いてみると

「はいっ。はいっ。それはですね・・・・」としっかりお料理をしつつも私の目を見ながら

答えてくれる松本先生。あぁ、もう大好きです〜♪♪

matsumoto-sensei9.jpg
そうして出来た霜月のおもてなし御膳。(急いで撮ったので揚げ豆腐が反対向いています・・・すみません^^;)

実食・・・どきどきしました。

食べてみると・・・・「うわっ・・・・、美味しい・・・・、しみじみおいしい・・・・。これが目分量で全部できてるのね〜!」と感動!!

師匠と目を合わせながら、「普通の人が食べてもおいしいレベルってなかなかマクロの先生にならっても出てこないものが多いのだけれど、松本先生のは本当に素晴らしいね。」

私:「料亭の味になってるものね。体に優しい、料亭の味やね〜」と話していました。

本当に昆布+どんこしいたけ+お水だけの出汁と、美味しいお醤油とお塩だけで味付けされた
お献立のお料理。

我が家でも同じ材料で作っているのに、やっぱり「格」が違いました(←当たり前ですが^^;)。

そして先生、本当にお醤油の量もぜんぶ目分量!

その時に取れたお野菜の水分量や感じ、お出しの状態を見てから、これ!という味のレベルにまで持っていく作業に決まった分量というのはなかなか出しづらいのですよ・・・と。

そうですよねぇ、そうだと思います。

だから世界中をリマ先生と廻ってお料理方法を教えておられるとき、外国の特に中南米の方は「そのつける粉は何グラムだ?今塩を何グラム入れた??」とイチイチ大変だった。。。。

外国人に「塩梅」はわからないんだよねぇ〜^^;と。なるほど・・・。

そんなお話や先生のマクロの道に入られた経緯などを聞かせていただくお時間も頂きました。

matsumoto-sensei10.jpg
最後に、先生の御本!

ポストイットいっぱいの、わたしの教科書である松本先生の御本に名前を入れてサインを頂き、もう感激〜!!!でした。^^

松本先生の心と体を癒す食養のお食事は本当に素晴らしく、美味しかった!

美味しかった味と先生の素敵なお人柄が心にとっても響きました。ありがとうございます!!

村上先生の「マクロビオティックをやっていく、ということは自由人になるということ。
まわりの色んな健康にいいよ、というテレビなどの情報をうのみにせずとも自分で判断ができるようになるということ」という部分に感銘を受けました。


これからも先生方の教えを大事にして美味しくて優しい食事を楽しんで作って行きたいと思います〜♪♪

あぁ、幸せな一日でした!


lemonpoppyseed-2.jpg

↑バリ島在住の鳥毛清喜さんのガラス皿は存在感大です^^!




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。

recipe_blog_1.gif
☆レシピブログに参戦しています^^




posted by kirakira at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | マクロビ・お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして 
私は松本光司の息子で光悦と申します。
実は父の光司が1月25日午後10:58に永眠致しましたので
ご報告申し上げます。
2月3日 通夜  午後18時〜19時
2月4日 告別式 午前11時〜12時
府中の森 市民聖苑第3式場にて
(最寄駅 京王線東府中駅)
執り行う事と相成りました。
お忙しい事と存じますが、もし都合宜しければご参列していただけると幸いです。
上記のホームページは私の職場である
鍼灸治療院の物です。
 何かありましたらお電話でもお答えいたします。
Posted by 松本 光悦 at 2014年01月28日 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。