serehfood セレーフード

2010年01月14日

白砂糖を控える理由

いつも疲れてしまうと、コンビニによったりデパートの地下でスイーツを買ってきて食べていた私。

疲れていると「お砂糖を体が欲してるわー」なんて思いつつ、よく食べていました。
砂糖をとると元気になりますよね?でもその元気になるスピード、すごく早いですよね?

これには理由がありました。
「砂糖は素早く体内に吸収されるから」です。

ビタミンやミネラルを除去され、真っ白に精製され、化学薬品やいろんなものを添付された純度が高い白砂糖=グラニュー糖は、とても化学的な物質です。精製された白砂糖は二つの糖の集まり、二糖類です。そのため素早く血液の中に入り、血糖値を急激に上げます。それで一時的に気分がよくなったと感じたり、元気になったように思うのです。


素早く体内に吸収された砂糖は、やはりまた早いスピードで消費されます。そうなると・・・
一度素早く揚がった気分も急激に落ちていきます。それを繰り返し毎日行っていると、体もそして内面の精神までもが疲れやすくなってしまって、感情の起伏が激しくなります。
集中力がなくなったり、体がだるくなったり・・・で、大抵は原因が砂糖だとは分かりません。

でも、砂糖は血液の中でカルシウムを奪ってしまう性質があるので、毎日たくさん白砂糖をとっていると当然体内のカルシウムがある場所=骨や歯からカルシウムを奪うので、もろくなっていきます。

ビタミンも同様に消費されるので、主にお砂糖の取り過ぎの方は、
過労、震え、めまい、貧血、うつ症状、短気、記憶障害などの問題がでてきます。

わたしにびったり!だったのが砂糖取り過ぎの体型といわれる「陰性の体型」:
‐細胞が縮んで水太りになりやすい、ぽっちゃり型
‐下半身に肉がついて、顔色は白目
‐早起きが苦手で、冷え性
‐足がむくみがち
‐性格は急に怒ったと思ったら泣き出したり、気分の変化が激しく、落ち込みやすい

がーん!その通り・・・でした><。

ですのでそれを知ってからは、白砂糖に変わる体に優しい甘味料を使ったスイーツを自分で作ったり、調味料(市販のだし、みりん、シロップ)に気をつけて自然の甘みが入ったもののみを使うようになりました。

それにしても、んまー、なんと白砂糖を使った商品が多いことか!
というか、それしか市販では売っていないのが現状です。
ケチャップも、マヨネーズも、なんでもかんでも白砂糖が入っている・・・。


*砂糖の中には、さとうきびを原料とするものと、砂糖大根(てんさい)を原料とするものの
2種類があります。
白砂糖、三温糖、きび砂糖、黒砂糖など、砂糖といわれているもののほとんどは、さとうきびを原料にしています。

■さとうきび原料― 「分子構造的には単糖類で、消化吸収が早い分、消耗も早いので
          血糖値の上下が激しく、すぐまた糖分をとりたくなり、
          その繰り返しで精神的にキレやすくなったり低血糖症がおこりやすい。」
          「熱帯の植物であるさとうきびは体を冷やす作用がある」

■砂糖大根原料―  「多糖類なのでゆっくりと消化される分、血糖値の上下が緩慢で、
          かつ吸収に時間がかかるので少しの糖分で長い時間もつ」
          「寒冷地でとれるてんさいは体を温める作用がある」
          「てんさい糖」に多く含まれるオリゴ糖はおなかのビフィズス菌を
          元気付け増やしてくれる強い味方であり、「てんさい糖」が
          おなかに優しい砂糖と言われるゆえんです


我が家では米飴、玄米飴、水あめ、てんさい糖、メープルシロップ、ドライフルーツ、100%のりんごジュース、甘酒など、ビタミンB群や食物繊維を含んだ体に優しい甘みを使っています。

自分で作るスイーツの腕がまだまだ、なので、欲しいときにはささっ!と作れるように頑張りたいと思います。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
↑素敵なマクロビのヒントがつまったサイトです。


posted by kirakira at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ・ふむふむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。